覚えておこう!成功のための判断基準!

M&Aとはどのような事か?

M&Aとは企業が合併したり、企業を買収する事を指して複数の企業が集まって一つに合併する事もM&Aと言います。譲渡企業側のメリットとしては継続して経営する事が難しくなった経営者の利益の確保と個人保証の解除です。企業が成長したり存続する事にも繋がりますし、会社の従業員として働いている社員が新しい環境で成長するきっかけにもなります。経営者自身が高齢になってくるにつれて後継者の問題が出てきます。会社の後継者が見つからない場合は企業の存続にも関わりますが、M&Aで解決する事も可能です。譲受け企業側のメリットとしては本来は時間とコストをかけて作っていく経営資源を効率良く獲得できる事です。これによって譲受け企業は素早く事業の拡大や新規事業の参入が可能です。

M&Aを成功させる為に気をつける事

M&Aを成功させる時に気をつける事はいくつかありますが、まずは合併や買収をする条件が適正なものであるかという点です。必要以上に高い評価をしたり、低い評価をせずに適正に評価する事で譲受け側にも譲渡側にもメリットがあります。買収や合併をした事で効果を得られるように合併や買収をする企業同士の相性が合うか考える必要があります。ミスマッチな企業同士ではM&Aを行う事で得られるメリットが少ないので、ミスマッチが起きないように事前に確認する事が大切です。M&Aを行った後は会社の資産だけでなく、人材も譲受け企業が受け入れる事になります。企業文化が違い過ぎると一つの企業として経済活動をする上で問題が発生するので、M&Aを行う前に良く検討する必要があります。